大山指圧マッサージ治療院【板橋】肩こり・腰痛治療/首・肩甲骨のコリ解消

(おおやましあつまっさーじ)
業種:
マッサージ・カイロ・整体・指圧・フットケア・リラクゼーション
記事:7,953件 クチコミ:1件
住所:
〒173-0024 東京都板橋区大山金井町38-12 新大山ビル2F (エレベーター完備)
2017/08/13(日) 12:10 医業類似行為

カテゴリー 島根県の取り組み 8/13 (日) 初めて割引

医業類似行為


つらい肩こりや腰痛の症状にお困りで、様々な治療院にいらっしゃる方は、是非判断材料の一つとしていただければ幸いです。


整体やカイロプラクティックは法に基づかない医業類似行為になり、無届医業類似行為とも言われております。

同じ医業類似行為でも、鍼・灸やあん摩マッサージ指圧の場合ですと「あはき法」に基づいて営業をしなくてはなりません。

整体の場合は基準となる法律がありません。

規制する法律が無いから何でもしていいのか?ということになりますが…

当然そういう訳ではありません。

医業を営む者は医師法に基づいて、医業類似行為を営む者はあはき法に基づいて、柔道整復師は柔道整復師法に基づいて業務を行います。


島根県

大型スーパーや温泉施設に多い無免許者によるマッサージ=整体・カイロ・足つぼ・リフレなどは「これはマッサージとは違う」といいながら人の体をさわり、もみ、さすり外観的にはマッサージと何ら変わらぬ行為をしています。

厚生労働省は何ら対策を講じることなく知識的にも技術的にも未熟なこれらの者が誇大な広告をして堂々と営業しています。

県としてこれらの業者に対し、せめて開設の時に届け出を義務づけて許可を与えるという形にしたらどうでしょう?

人の体をさわって業をしようとする者が全くの無法地帯で無免許で営業している現状です。


無資格者の届出義務を県独自で設けることについては、国における法律の整備への動きを見極めた上で、県としての対応を検討したいと考えていますので、ご理解をお願いします。


参考

http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/seisaku/koho/hotline/record/200808/161.html




ご参考 なぜ国家資格が必要なのでしょうか?



8月13日F4088



無資格者が行う施術行為は医療行為ではないため、事故はややもすれば傷害行為に該当するおそれがあります。

それほど法的な資格の有無は重要であるということを改めて認識して頂きたいと思います。



ご予約・約お問合せ   03-5966-5553

コメント (0)
●コメントを投稿
  • お名前20文字以内。入力なしは「匿名さん」
  • URL
  • コメント(400文字以内、HTMLタグ禁止)
利用規約に同意して
◆投稿後、訂正・削除できませんので、内容をよくご確認下さい。
<<2017年10月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
記事を検索